税理士の仕事は数字でのツッコミ担当!
京都市の中小企業の”相方”秋口税理士事務所
京都市下京区東洞院通綾小路下ル
扇酒屋町289番地デ・リードビル4F
  1. 簿記を習う必要性。
 

簿記を習う必要性。

新年あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

なのに、いきなり簿記のお話。

大学で入門簿記を教えてたりもします。
誰もが必要な知識なのか?

「会計を知るならまずは簿記ですよね?」

この質問、
学生であれば、どういう流れで財務諸表(貸借対照表とか損益計算書ですね)
を作られているかを知るというのは、大事だと思います。
学生時代の特権ですね。学問を積上げて学んでいける時間があるので。

しかし、
社会人であれば、経理業務をしたい人でない限り、必要か?といえば

「特に」

というレベルだと思います。
それより、財務諸表を見て、会社がどうなっているかを理解する。
そちらのほうが重要ではないでしょうか?
簿記を知らなくても、十分理解できますので。
事業をされていなくても、あらゆる判断に有用な知識だと思います。

学生であれば、会計の枝葉である「簿記」から親しんで積上げていく。
社会人であれは、会計全体(森)である「財務諸表」から理解していく。

それだけ社会人に残されている時間って少ないものだと思っています。
他に使いたいじゃないですか 時間は(^^)

まずはお茶でもおごってください

秋口税理士

税理士に相談!とかお固い感じじゃなくて気軽にお茶でも飲みながら、今の仕事のこと、将来の夢なんかを教えて下さい。

相談料?お茶代出してくれたらいいですよ。

ご希望の方には、秋口特製『未来こうなるシート』を後日お送りします!

 

営業時間:平日 9:00〜18:00(土日祝休)