税理士の仕事は数字でのツッコミ担当!
京都市の中小企業の”相方”秋口税理士事務所
京都市下京区東洞院通綾小路下ル
扇酒屋町289番地デ・リードビル4F
  1. でっかい資産の購入時の注意。
 

でっかい資産の購入時の注意。

でっかい資産と書くと

「物理的に大きいもの」

と思いがちですが、
(というか、そのように思わせる文字を書きましたが)

「金額的に大きいもの」

というのが、今回の話です。

税務で、でっかいものを購入した場合。

・買った金額全部が費用とならない。
・何年かに分けて費用にする。
・固定資産税がかかる

という印象でしょうか?
最後の、固定資産税がかかるっていうのは、土地・建物の固定資産税や車などの重量税みたいなものです。
普通に事業として買ったものもかかるというのは、余りご存知ないかもしれません。

ま、そのへんの話は置いておきまして。

今回言いたい話は
「でっかいものを買う前には色々確認しよう。」

というお話です。
1つめは

「税金や資金繰りに色々左右するので、契約しているなら税理士に確認してね。」

ということなんのですが、もう一つは

「その資産が税制上優遇されているものであるか、購入する業者に確認してね。」

ということです。
前回の「経営向上計画」にもかかってくる話ですが、
生産性の上がる商品については、上記の固定資産税が安くなったり、税制上の優遇が受けられます。
それには条件が幾つか。

・生産性が上がる商品であるという証明書をもらう
 これは購入業者に言えばもらえます。業者さんが証明書を作るわけではないので
 時間がかかります。

・上記を含めて「経営向上計画」に記載して申請する。

という流れなんですが、これって基本は購入前にする必要があります。
(一定期間の猶予もありますが)
気がついた時には間に合わなかった。なんてことが無いように、確認してくださいね。
なにせ、確認するのはタダなんで(笑)

※確認した結果、買おうとしていた商品より高い商品を買う羽目になった場合。
※当事務所では責任は取れませんので、自己責任でお願い致します(笑)

まずはお茶でもおごってください

秋口税理士

税理士に相談!とかお固い感じじゃなくて気軽にお茶でも飲みながら、今の仕事のこと、将来の夢なんかを教えて下さい。

相談料?お茶代出してくれたらいいですよ。

ご希望の方には、秋口特製『未来こうなるシート』を後日お送りします!

 

営業時間:平日 9:00〜18:00(土日祝休)