税理士の仕事は数字でのツッコミ担当!
京都市の中小企業の”相方”秋口税理士事務所
京都市下京区東洞院通綾小路下ル
扇酒屋町289番地デ・リードビル4F
  1. 住民税の特別徴収について(マニアック(笑))
 

住民税の特別徴収について(マニアック(笑))

ということで、
本当は労働保険や社会保険の算定基礎
ってのがメインの季節ではありますが。

これは、本業の社労士さんに話してもらうとして。

従業員を雇用している場合、給与から住民税を引くことが基本になります。
これを住民税の特別徴収ということになるのですが、
従業員さんは、府や県、市や町に徴収されているってより、
給与の手取りが減るんで、経営者が逆恨みされるというやっかいな制度です。

さて、それをともかく、
基本的には今月の給与から金額が変更になります。
そのための書類も届いていると思います。

その時によく見てください。
今年にやめられた社員さんの分も載っていませんか?

「えー やめた人間の住民税払わなあかんのかいな。」

いえいえ、
この住民税は、あくまで会社としては
「給与から代わりに払う」
だけですので(払わなかったら、会社に文句が来ますけど(笑))

もう、この従業員はいいひんでーって書類を書けばOKです。
既に住民税を引いていた社員さんがやめられたら、
その時点で手続きするので忘れることはないのですが、

開業して3年・4年目だと初めての経験になるかと思いますので。
見るの忘れていて、書かれた金額をそのまま支払うことの無いようにしてくださいね(^^

まずはお茶でもおごってください

秋口税理士

税理士に相談!とかお固い感じじゃなくて気軽にお茶でも飲みながら、今の仕事のこと、将来の夢なんかを教えて下さい。

相談料?お茶代出してくれたらいいですよ。

ご希望の方には、秋口特製『未来こうなるシート』を後日お送りします!

 

営業時間:平日 9:00〜18:00(土日祝休)